《「抗がん剤に関するトレーシングレポート」の活用と実施について》

一般社団法人岐阜市薬剤師会は令和4年3月1日より「抗がん剤に関するトレーシングレポートの活用」を実施することになりました。

岐阜市薬剤師会が実施する「抗がん剤に関するトレーシングレポートの活用」は、抗がん剤による副作用グレード評価(CTCAE:有害事象共通用語基準)を容易にするための「フローチャート式チェックシート」との組み合わせで創案しています。 その目的は、患者が抗がん剤の処方箋をどの薬局に持って行っても、同じように安心して薬物療法を続けられるようにし、副作用を医師等医療者との共通用語であるグレード評価(CTCAE)を用いることでより正確に伝えることにより、薬剤師と医療者全体で支援することです。 このトレーシングレポートの活用は、薬剤師による薬物投与後の継続的に患者情報を把握する手段の一つであると考えます。この「抗がん剤に関するトレーシングレポート」方式を是非活用して頂きますよう、宜しくお願いします。

この取り組みの最新情報は、下記よりダウンロードをお願いします。

【注意】
会員専用となります。
ダウンロードが終わりましたら、ブラウザの「戻る」で前ページに戻ってください。